遺産のことを弁護士に伝える

正しい遺産の分け方

家族や親戚が亡くなった時に、自分はたくさん遺産を受け継ぐ権利があると騒ぐかもしれません。
しかし、それが本当のことなのか判断できません。
もしかしたら勝手に言っているだけかもしれないので、弁護士に相談してください。
急に亡くなった場合は、遺言書を書くことができなかったかもしれません。
遺言書がないと、誰にどのくらい遺産を分ければ良いのか判断するのは難しいです。

弁護士に相談すれば、一般的な例を挙げてくれます。
その通りに遺産を分ければ、争いが起こることを避けられます。
また故人が亡くなるまで世話をしていた人は、少し多めにもらえるかもしれないのでそのことも忘れずに弁護士に伝えましょう。
早めに弁護士を見つけておくと便利です。

万が一の事態に備えておこう

弁護士と相談しながら、遺言書を作成することができます。
自分の死期が近いと悟った時は、万が一のことを考えて作成しておくことをおすすめします。
すると残された家族や親戚が、トラブルを起こすことはありません。
何も残さないまま自分が死ぬと、遺産のことで親戚一同が揉めることが考えられます。
そうなったら困るので、誰にどのくらいの遺産を渡すのか書いておきましょう。

遺言書の書き方を知らない人が多いと思いますが、弁護士に聞きながら作成できるので安心してください。
適当に分からないまま書いても、遺言書と認められない可能性があります。
自分が死んだあとにそのような事態が起こっても、どうすることもできません。
正しい遺言書を作成しましょう。


この記事をシェアする