スムーズに離婚するために使う

パートナーの不倫が原因

パートナーの不倫が発覚した場合は、もう一緒に暮らしていくことはできないと考えて、離婚する人がたくさん見られます。
被害を受けたのはこちらなので、パートナーに慰謝料を請求できます。
離婚問題に強い弁護士がいるので、相談すれば多く慰謝料を請求できます。
これからは1人で生活を送らないといけないので、少しでも多くお金を持っていた方が安心して過ごせます。

相手が慰謝料を支払いたくないという可能性も高いので、弁護士に介入してもらった方が良いです。
自分だけでは、相手に言いくるめられて不利な結果になることも多いです。
離婚問題を専門的に扱う弁護士も見られます。
それならこれまでにたくさん解決してきたので、大きな力になってくれます。

その他の話し合いをしよう

自分はパートナー離婚したくても、相手が別れたくないと揉めることが考えられます。
無理やり離婚すると、パートナーがしつこく付きまとって来るかもしれません。
弁護士に相談すれば、離婚したあとはもう近づかないように警告を言い渡すことができます。
警告を無視した場合は、警察に伝えることもできるのでストーカーの防止になります。

また子供がいる場合は、親権のことを話し会ってください。
お互いが子供を引き取りたいと言っている場合は、弁護士から判断してもらいましょう。
相手が子供に危害を加える可能性があると判断された場合は、親権を手に入れることができます。
早めに弁護士に相談すれば、親権を得るためにいろいろな準備ができます。


この記事をシェアする